子育て中にピッタリな車とは

4歳と1歳の子どもを子育て中に車を買い替える事になりました。
そこで、買い替えを検討中に重視した点と買ってみた結果どうだったかをまとめてみたいと思います。

まずは検討する車を絞り込む事から始めました。

主に使用するのは4人家族。
たまに、祖母祖父も乗るかもしれない。
できるだけ費用を抑えたい。
燃費も抑えたい。
ドアの開け閉めを子どもが自分で出来るように自動スライドドア(自動スライドドアでないと挟んだりぶつけたり危険な為)
ベビーカーや子ども用自転車を積み込むスペースがある。
キャンプや旅行にも対応出来る荷室の広さ。
チャイルドシートとジュニアシートを置いても間に大人が1人座る事が出来る座席(愚図った時に隣に行けるように)
2列目にはシートベルトが3人分付いている
どこにでも駐車しやすい大きすぎない車

上記の条件にすべて当てはまる車を探した結果、3つの候補に絞られた。

トヨタのシエンタ
ホンダのフリード
トヨタの新型シエンタ

この3つを実際に試乗してみた。
試乗してみるとシエンタ旧型は室内にレールが通っており不便に感じたので見送った。

残るは、トヨタのシエンタとフリード。
2つとも、それぞれ魅力があり迷いに迷った。
散々検討した結果、値段・機能・運転のし易さ・燃費・三列目のシートの収納方法 でシエンタに決めた。
外観が個性的なのが迷い所だったのだが、何度も見るうちに格好良く見えてきた。
色は、夜も見えやすく事故率も低いと言われている白にした。

実際に使ってみての感想は、これぞファミリーカー!という感じの子育て世代には抜群の使いやすさだ。
1つだけマイナスがあるとすれば、トランクを開ける時に後ろにスペースがないと開けられないという事。
しかし、雨の日にはこの仕様の方が雨に濡れずにベビーカーの出し入れなどが出来て便利でもあるのでプラスマイナス0になるのかもしれない。

結論!節約したい子育て世代のファミリーカーにピッタリなのはトヨタのシエンタではないでしょうか。